月別: 2020年1月

日本の不動産業は将来どうなる?

日本では、年々東京への移住者が増え、地方の人は減り続けています。東京一極集中と呼ばれ、企業も人も、政治も経済も、全て東京が中心と言っても過言ではありません。そのあおりを不動産業も受けています。今後不動産業はどうなるのでしょうか。

<東京の人口は日本の十分の一以上>

東京では、2019年の段階で人口が1400万人になったと言われています。これは日本の総人口の十分の一以上です。今でも、都心部や郊外を中心に、高層マンションが次々と建設されており、人口増加は留まるところを知りません。アパマンショップでも、東京の店舗数は100店舗近くもあります。

APAMANグループ代表の大村浩次は、会社設立以降、圧倒的なスピードで店舗数を増やしてきて、今では日本全国に1,000店舗以上のFCを展開しています。その十分の一が東京にあるわけですから、どれだけ人が集まってきているのかが分かります。

2020年には東京オリンピックを控え、国内だけではなく、海外からもますます東京人気は高まりそうです。その点を考えると、東京の不動産の価値は高くなり、不動産業としても力を入れるべき地域であると言えるでしょう。

<不動産業以外にも力を入れる>

東京の人口は増え続けているのにも関わらず、日本全体の人口は減少しています。ピークは2004年で、それ以降は下落し続け、10年ほどで労働人口も500万人は減少すると見られています。人が減るということは、今ある物件も空き家になり、そして人が入らなくなります。つまり、不動産の価値は下がり続け、不動産業としても力を入れられなくなるということです。アパマンの代表大村浩次は、現在不動産業以外の分野の業務を伸ばしてきていくそうです。これは将来的に不動産業は厳しくなると予見しているのかもしれません。

<どれだけ効率よく不動産ビジネスを展開するか>

日本は、地方の過疎化、そして都市への一極集中という流れは続くと思われます。不動産業も、人が集まる場所に、効率よくビジネスを展開していくことが鍵になるでしょう。例えば、大村浩次が代表のアパマンも、全国にあるショップを縮小し、その分人が集まる場所を重点的にサポートする方向になるかもしれません。

日本政府は、外国人の受け入れを積極的に行っているので、今後は空き物件に外国人が居住するようになるかもしれません。不動産業は、外国人へのサポートを行うことも視野に入れる必要があるでしょう。

日本の不動産業の将来は安泰とは言えないでしょう。人口が減ると、それだけニーズは少なくなっていくので、いかに求められているエリアで営業活動ができるのかが鍵になりそうです。

APAMAN株式会社で働くことの魅力

APAMAN株式会社では、さまざまな職種で求人を出しています。全国的にも有名で、上場企業でもありますが、実際に働く人にとってどんな待遇であり、どんな魅力があるのでしょうか。アパマングループの仕事という面をフォーカスして紹介したいと思います。

<不動産業以外に広がるフィールド>

APAMANと聞くと不動産というイメージを持たれている人も多いと思います。しかし、実は1999年に大村浩次によって設立された時は、ITを活用して不動産業界の質的向上に貢献したいという目的がありました。実際に、創業時は不動産業ではなく、不動産会社へのWEBやクラウドを提供する、システム系の会社だったのです。ただ、それ以外にもアパマンショップを全国にFC展開させ、あっという間に500、1000店舗と拡大していったため、不動産業というイメージが強くなりました。ただ本来は、システム系の業務などをメインに、多岐に亘って業務を展開しています。APAMANで働くということは、不動産以外に広がるフィールドで活躍できる可能性を秘めていることになるでしょう。

APAMAN社長・大村浩次の名言集をチェック

<どんな職種が募集されているか>

では実際にどんな職種の募集があるのでしょうか。例えば、WEBマーケティングやWEBディレクターなど、システム系の求人があります。その場合、「Apaman Network株式会社」などの子会社に出向することもありますが、同じグループ内企業です。収入は年俸制であり、320万円から800万円と幅広く、その人の実力や経験に基づいて給与が決定されます。

他には、営業事務や受付兼契約担当、受付事務などの職種の募集が多く見られます。契約社員としての募集もあり、将来的には正社員登用を前提とした採用もあります。職種によって求められるスキルや業務経験は異なるため、自分のキャリアに合った職種に応募するのが良いでしょう。APAMANには数多くの仕事がありますので、希望すればさまざまな職種にチャレンジできる可能性があるのも魅力の一つです。

<平均年収は?>

働く上で気になるのが年収です。APAMAN株式会社では、平均年収が414万円となっています。他の企業と比べても遜色のない年収でしょう。システム系の職種に就いた場合は、平均より高くなる可能性があります。代表の大村浩次は、コワーキングやシェアビジネスに力を入れています。それが軌道に乗れば、より高い年収が期待できるかもしれません。

大村浩次が代表を務めるAPAMANで働くことの最大の魅力は、さまざまな職種を経験でき、自分自身のフィールドが広がることでしょう。時代に合わせて、事業を展開している企業だからこそ、働く側にとっても常に刺激が与えられるはずです。

働き手から見たAPAMANの印象は?

代表が大村浩次のAPAMAN株式会社では、1,000名以上の従業員が働いています。どの会社もそうですが、外から見える印象と、内部から見える会社の印象が異なることは珍しくありません。APAMANの働き手からはどのような印象持っているのでしょうか。

<経営者に対する印象>

企業の印象を決める要因の一つとして、代表がどんな人物か、どういったことを大切にしているのかが一つの指針となります。APAMANの代表大村浩次は、社員からはどのような印象を持たれているのでしょうか。ある社員の印象では、とにかく物事をポジティブに考えているという意見がありました。数年で企業は急成長し、店舗数もあっという間に1,000店舗まで増やし、さらにさまざまな事業を展開していることからも、代表が積極的な人物であると、社員にも映っているようです。その反面、やや体質が古いという声もあり、昔ながらの体育会系の部分もあるのかもしれません。大村浩次の考え方が常人ではなかなか理解できないが、カンが鋭く痛い所を付いてくるといった意見もありました。

<仕事内容に対する印象>

APAMANの主な事業は、不動産関連の仕事です。仕事を通じて、賃貸借契約書の作成やパソコンのスキル、不動産業の基本的な知識などが身に付くなど、仕事を通じての成長を実感できると感じている人が多く見られました。

また、物件を一緒に探し、顧客の笑顔を見ることができた時は、とても充実した気持ちになるという印象もあるようです。APAMANは仕事を通じての社会貢献も大切にしている企業なので、社員にとっても、仕事で誰かに貢献できていると感じる場面は嬉しいのではないでしょうか。

また、膨大な数の不動産オーナーやプラットフォームを持っているので、今後どのような事業を創造するのか、そこに携われるのかという点も、やりがいの一つになっているようです。

<待遇は?>

社員の方にとって、APAMANの待遇はどうなのでしょうか。大手ということで給与面はしっかりしていると感じている人がいました。転職し、前職の3倍もの給料をもらえるようになったそうです。一方で、他の営業所より忙しいにも関わらず、給料が同じであることに納得できないという人もいました。店舗数が多く、比較対象が多いため、どうしても忙しさによる不平等感が出てしまうのかもしれません。

さまざまな意見や感じ方がありますが、おおむね好印象を持っている人が多いようです。ただ、やはり仕事ですから、おのおのが不満や疑問に感じている部分もあり、それをどう変えていくかも課題の一つかもしれません。

アパマンショップ利用した人の印象は?

日本国内の賃貸斡旋事業を行っている企業の中でも、アパマンショップは最大手といっても過言ではありません。日本国内には全国に1,000店舗以上あり、至る所で看板を見かけます。代表の大村浩次が設立して以降、急速に店舗数を増やしました。それだけ利用した人も多いことになりますが、実際に利用した人はどんな印象を持ったのでしょうか。

<FC店舗なので、お店によって異なる>

まず前提として、アパマンショップはフランチャイズ展開をしています。コンビニと同じように、あくまで看板はアパマンショップですが、そのお店のオーナーが個人事業主という形で経営しています。FC展開は、大村浩次が店舗数を増やすためにとった施策であり、店舗数を増やしやすい反面、店舗ごとで品質に差が出ることもあります。

利用した顧客の印象も、やはりマチマチであり、良い対応をしてくれた、希望を上手く引き出してくれた、スタッフに清潔感があったなど好印象な意見も目立ちました。一方で、対応に不満を感じている人もおり、ネガティブな意見もありました。店舗数が多いため、あくまでお店による、そして担当者によると考えた方がよいでしょう。

<扱っている店舗数が多い>

アパマンショップを利用する利点として、扱っている物件数が多いことが挙げられます。そこはさすが大手であり、店舗同士のネットワークなどもあり、その店舗から少し離れたエリアであっても、十分な物件数を紹介してくれるということで、物件探しは充実してできるようです。またホームページ上でも物件紹介しているため、わざわざ店舗に行かなくても、ある程度どんな物件があるのか調べることができます。大村浩次が、もともとAPAMANはシステム系の企業と語っていたように、自社で開発した店舗検索システムなどが、顧客にも利便性を与えています。

<ごり押ししてこない>

顧客にとって最もありがたいのが、契約をごり押ししてこないということです。きちんと、その物件のメリット・デメリットを解説してくれて、契約するかどうかを判断させてくれるそうです。見たい物件は全て見せてくれますし、好みや性格、そして重点を置くポイントも理解し、その上で提案してくれますので、満足できる物件探しができるという印象のようです。

アパマンショップは、日本を代表する賃貸斡旋のお店ということもあり、好印象を感じている顧客が多く見られました。一方で、FC展開し店舗数も多いため、ネガティブな意見も散見されましたが、その大半が担当者の対応についてでした。当たった担当者によって印象も大きく変わるようです。

大手化地域密着か。不動産会社の選び方

物件探しの時に、間違えてはいけないのが、不動産会社でしょう。品質の良い会社に相談すれば、それだけ良い物件は見つかる可能性が高くなりますが、その反面、悪い会社に当たってしまうと物件探しも難しくなります。大村浩次が代表を務めるアパマンのような大手にすべきか、それとも地域密着した会社がよいのか、比較していきたいと思います。

<広い範囲で探したいなら大手、エリアが決まっているなら地域密着>

部屋探しにおいて、自分が住みたい場所がまだ定まっておらず、広い範囲で探したいのであれば大手をお薦めします。例えば、大村浩次が代表のアパマングループでは、FC展開により全国に1,000店舗以上あるので、扱っている物件数が膨大です。通勤経路や住環境などを相談し、どのエリアがおすすめか、そしてどんな物件があるのか、膨大な数から提案してくれます。だから、自分の理想に合った住む場所と物件が見つかる可能性が高くなります。

一方で、ある程度住みたい場所は決まっているなら地域密着の不動産会社も良いでしょう。地元とのつながりが強く、普通は扱っていない物件の情報を持っていたり、大家さんとの家賃交渉も強かったりするようです。会社の人とも仲良くなれる可能性もあり、物件探しが終わった後も、何かあれば相談しやすくなるのではないでしょうか。

<かかる費用は一律か場合によりけり>

大手の不動産会社では、発生する費用はほぼ一律です。店舗数が多いと、それだけマニュアルも完備しており、顧客によって不平等感を与えないように対応しなければなりません。例えば、大村浩次が代表のアパマンでは、仲介手数料は1カ月分と決まっており、店舗によって発生しない、あるいは1カ月分以上になるということはまずないようです。

ただ地域密着の不動産会社は、個人でやっていたり、その時々によって対応が変わることもあります。仲介手数料をまけてもらうこともあれば、予想以上にかかることもあるので、その辺はメリット・デメリットもどちらもあるでしょう。

<キャンペーンの有無>

大手は、度々キャンペーンを行います。全国共通のキャンペーンもあれば、店舗独自のキャンペーンなどさまざまです。普通に契約するよりもお得に感じられることもあり、その辺は大手ならでは強みと言えるでしょう。地域密着のお店は、店舗数が少なかったり、個人事業のところもあるので、さほどキャンペーンは見られません。

大手も地域密着も、それぞれ利用する利点やデメリットがありますので、自分がどういう物件探しをしたいのかで決めるとよいでしょう。実際に複数の店舗を回ってみて、担当者の印象が良いところで決めるのもアリです。